仕事769日目   監査をするときに心がけること あと減損、税効果、退職給付のお薦め本

こんにちは。


さて、短いですが監査を行うときに心がけること。


監査ではある程度のカバー率を目安に各種手続きを行うのですが、
常に考えてもらいたいのが、なぜ、その手続きを行っているのか?です。

具体的には、6つの監査要点を頭に思い浮かべ、
さらにそこから仮に6つの監査要点に関してリスクがあるとして、

どのような監査証拠を入手すれば
そのリスクを小さくすることができるかです。

■フロー

1、監査要点6つ思い浮かべる
2、監査要点6つに関するリスクを考え
3、何を入手すればそのリスクを小さくし受容可能な
レベルに持っていけるか


これを考えてないと、単なる作業要員だと思います。

(私も毎回がっつり考えてるというわけではないですが
金額的質的に重要なところは極力考えるようにしています)


さて、次に減損会計、税効果、退職給付に関する
お薦めの本です。

(私が読んでとても読みやすいと思ったもの)

1、世界一カンタンでわかりやすい税効果会計の教科書
石原修

2、すらすら減損会計
佐藤雄太

3、現場の疑問に答える退職給付会計の基本Q&A
大保祐司


これらはもっておいて損はないと思います。


終わり

ps

最近人生がいい流れになってきてる感じがします。
基本的に新たな考え方を取り入れたことによるものです。

環境が大きく変わったわけではなく、考え方が変わりました。