仕事733日目   人件費の監査手続き

こんばんは。


今週1週間はプチ繁忙期でした。


さて、

人件費の監査手続きというと幅広くなってしまうので、
最低限すべきこととして、

1、前期比較

規模が大きい場合は会社に分析資料を作ってもらう
ほうが早いですが、そこまでは不要と思った場合は、
PLやCRの前期比較を行います。

2、一人当たり人件費

基本的に給料や賃金には正社員が含まれていると思うので、
それを確認したうえで、人員数の資料を出してもらい、
単純に割って一人当たり人件費を見ます。

昔からの監査手続き書にはサンプルで1件給与台帳
の各種数値が正確かどうかを検証する手続きがありますが、

費用対効果を考えると、オーバーオールで心証得られれば
個別検証は不要だと思います。


最近は派遣も増えてきているので、金額次第では
派遣社員を扱う勘定を見つけて前期比較および
サンプルで突き合わせをするとよいかと思います。

3、期ずれ

締めと支払条件を確認します。

残業代の扱いや当月分を一部翌月に支払っている場合は、
未払い費用の計上が必要になってきます。

金額的に重要性が乏しければパスです。


4、表示個所

従事内容によっては、製造原価、販売管理費、
営業外費用などに来ることも考えられます。

営業外費用は見た記憶がありませんが、

例えば定款で小売業としておいて、
なぜかトレーダーを雇ってFXをやっていれば、
その人件費は営業外にくるんじゃないかと思います。


終わり

ps

仕事から帰ってきて「最高の人生の見つけ方」という映画を見ました。

数年前から見たかった映画です。

日常に忙殺されると、死が頭から抜けてしまいます。

ps

土日は寝て過ごします。。。。