仕事698日目   中古自動車の耐用年数 法人税

こんばんは。


昨日までの仕事はひとまず仕上げました。
やっと、普通の監査の仕事ができる。

この1~2週間ほどこの作業をやっていて感じたのは、

・じっと座ったままで作業をするのは好きじゃない
・純粋に面白くないことをし続けると物凄くイライラする
・汎用性があまりない作業はやる気が起きない


もし翌年以降誰かに同じことをやってもらうとするなら
じっと座ったまま作業をすることが好きな人にやって
もらいますね。


さて、


租税法を学んだことがある人とにとっては珍しいことでも
ありませんが、実際にどのようにしているかということで、
中古自動車の耐用年数について。


結論からいうと、下記アドレスにある通り(受験テキストも同じ)
の計算で耐用年数を求めて適用します。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm


ただ、例えば新古車を1カ月落ちで買ったとして
上記の算定式に当てはめると5年と算定されます。

法定耐用年数が6年のところ、1か月使用したものを
購入するだけで5年で償却できるわけです。

(さらに、4年落ちは2年なので即時損金可能です)

ただ、1か月経過すると計算上5年になりますが、
そこを新品を購入したとして6年としたところで
税務上も監査上もほぼ問題にならないと思います。


終わり

ps

ここ数日iphoneのアプリにはまっています。
毎晩26時ごろまでやっていましたが、
だいぶセーブできるようになってきました。

スマホはどこでもできるので散りが積もって、
一日で計算すると・・・計算したくないです(´;ω;`)