仕事683日目   投資は一度はやってみたほうがいいと思う

こんばんは。


日曜の夜風呂に入ってるときに、気付きました。

「あ、金曜は記事書いてなかった・・・」

あやうく、一つ記事を書きもらすところでした。


さて、


監査法人、それも大手に勤めていたら株はやりづらい
と聞いたことがありますが、監査をやっている以上、
株でもFXでもオプションでもやってみたほうがいいと思います。


会計処理をどうやるかは、簿記で学んでいると思います
のでその実務です。


私は、東日本大震災に合わせて資産を溶かしてしまった
ので財産としては損失が生じていますが、
今となっては一つのよい経験になっています。

どういった経験かというと、地震が起きたのが14:46分で
後場がしまる前だったんですよ。


地震が起きた時はとにかく建物の外に出て周りの状況を
ただただ眺めているだけだったのですが、

もし以前に似た状況を経験していれば、
すぐに投資を成り行きで手仕舞ってたと思います。


翌営業日から恐怖の「ストップ安」が数日続いた後に
やっと値段がつきましたがそれでも下がる一方。


ちなみに、金額は伏せますが当時は元本の50%程を増やして
いたときで「イケイケ」だったので、リスクマネジメントなんて
考えることなく、ほぼ信用全力で戦ってました。

信用=入金額の3倍までOKなので例えば100万お金を入れてると
300万円分の取引ができる。

あの時は放射能の不安とともに自分の資産がみるみる溶けて
行くので仕事中も気が気ではなかったです。

(途中でやっとロスカットの決断をしましたが)

ただ、株をやることで日経、円レート、ダウ、世界経済、
世界政治などに興味が湧き(それらに影響されるので)、
情報を入手して上がるか下がるか考えるのは面白かったですし、

より会計の話だと、増資、買収、リストラ、CB発行などの
イベントがあるとその会社の株価がどのように動くかも
あたりがついてきます。

その他、期末になれば配当がありますし、招集通知に、決議通知
など各種資料が送られてきて、会計回りの資料も入手できます。


まぁ、いきなりやっても負けると思うのですすめづらいですが、
興味があれば負けても痛くない程度でやってみるのはプラスに
なると思います。


勝ち続けるとリスクが見えなくなってくるし、
少しでも勝つと、常にどこかにお金を入れていないと機会損失
のような気になって博打をやってしまいます。

そういった、感情面でも日常とは違う経験ができるのでいいかと思います。

投資は自己責任で。

終わり

ps

投資は資本があればあるほど負けなくなります。

ps

金曜から四季の旅で初の京都に行ってきた。

持ち時間14時間で回ったのは次。

・嵯峨野( 竹林の小径)
・龍安寺
・仁和寺
・金閣寺
・銀閣寺
・哲学の道
・清水寺(胎内巡り)
・二条城
・伏見稲荷大社 千本鳥居
・祇園( 巽橋)
・先斗町(芸子さん、舞子さんも見ました)
・京都タワー
・あがりゃんせ(雄琴温泉)


京都の女性は肌と髪の毛がきれいでした。

ps

夜行バスで疲れない方法がわかってきました。

アイマスクを用意することと、水分摂取を控えて
夜中のトイレ休憩に行かないようにすること。

これだけで、だいぶ楽になります。