仕事565日目    監査なんて単なる資料突き合わせだが

こんばんは。

今日はストレスで頭じゃなくてお腹が痛い。

明日も大事なんで短くまとめますが、

会計士というか監査の仕事は財務諸表の数値の根拠があるかどうかを
確認する作業であって、基本は資料の閲覧・突き合わせです。

事業経営のように一生懸命やればいつか大きな成果になるかも
しれない・・・というものではなく、その点面白みがないといえばそうです。

まぁ、閲覧・突合もそれはそれで大事で、それが会計士の仕事だと思います。

頭をより使うのは、基準上OK、解釈上十分問題がないのであれば、
会社の方針を尊重するってことですね。

ストレートに書くのもあれであいまいな書きぶりですが、
会計士としての腕の見せ所ってことです。

たぶん、ここに価値があるんだと思います。

あーお腹痛い。

今から適用指針を読み込みます。

25:49。

終わり

ps

もうエンドすれすれなので、仕事中体が熱を出して熱い熱い。