仕事545日目     消費税と経過勘定について

こんばんは。

26:04。

流石にすぐ寝ないと明日もきつい思いをするので、
消費税について簡単に。

以下、国税のHPアドレスですが、

消費税は資産の譲渡や、
役務の提供があった時に、
課税仕入れがあったとする、

ということです。


経過勘定を見てると、消費税の取扱いが気になって調べました。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/11/03.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6165.htm


こうやって、ブログで書くと頭に残りますし、
仕事中に自分のブログ見て思い出せますからね。


あと、固定資産の取得原価ですが、しばらく見てないと
税金取得価額に含めていいかどうかとか、

資産除去債務関連の計算方法すっぽり忘れたり、
減損会計の関連規定があいまいだったりと
やはり、受験生の時が一番知識はあったと感じています。

租税公課、損金算入OKの規定
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5400.htm


おまけ、1つ10万未満の固定資産は機能で判定する
という考え方。
http://www.zeiri4.com/intro2/004/004.html

終わり

ps

今日も事務所で24時前まで仕事してましたけど、
うち1時間は同僚に邪魔されてました。