仕事524日目   監査という仕事について

こんばんは。


ふと監査という仕事について考えてみたんですが、
会計処理が一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
準拠しているかを確認する仕事ですね。


監査論の何かの定義で出てきた言葉だと思いますが、
今日仕事をしていてまさにそうだなって感じました。


ある会計事象が生じたら、関連する基準を確認して、
その基準の文言に会計事象が該当するかを検討します。


会社法でやってたと思いますが、法律の要件に当てはまるかを
検討するような感じだと思います。


質問があっても「なんとなく○○だと思う」じゃなくて
「基準にこうありますから、こうなります」です。

「基準にこうありますから、こうなります」と文面で書くと、
なんかつまらなさそうだと思うかもしれませんが、
基準の趣旨や、企業会計原則や、逆読みをすることで

「クライアントが主張する方法にも合理性があるのかもしれない」
と検討するのは、頭の体操になって面白くもあります。


終わり

ps

LATESHOWなるボクサーパンツを買った。
2000円くらいで、楽天、送料無料。

履き心地いいし、もう一枚買おう(。・ω・。)

ps

シャープが台湾の企業と提携しましたね。

神田先生によると2020年までは中国が成長し続けるので、
今後さらに中国や台湾の企業との関連性が強くなると
思いますし、中国はじめ東南アジアへの進出も続くのでは
ないでしょうか。

このチャンスを逃さないように、本業+英語や中国語
を学んでいきましょう。