2012年東京マラソンと人生

2012年2月26日に念願の東京マラソンに出てきた。


出発地点には石原都知事は当然ですが、
なぜか河野洋平氏もいました。


私はFグループで出発で、8分後にスタート位置を通過。


都内を走れるということで、景色を期待していましたが、
曇りということもあってもあまり冴えない。

約5Kの地点でトゥースを連発していた春日さんを
追い抜いた以外は、十字架を背負ったキリストさん
くらいしか有名人は見当たりませんでした。


あと、トイレはどこも長蛇の列。


これが、都内じゃなければ森が大きなウォシュレット
になるので少なくとも男はあまり並ばないのですが。。。


今回のレースは準備として年明けから10回くらいしか
練習をすることができてなかったので、ひたすら守る
ことを考えて楽なペースで走り続けました。

キロ6分から入って最後はキロ7分半くらいですね。
5時間のちょっと手前でフィニッシュ。

練習では最長12Kmくらしか走ってないので20キロ
くらいからダウンしていきました。

明らかに練習不足でしたが、昨年のサロマ湖のウルトラ
マラソンでの練習と経験が役に立ちました。


で、


フルマラソンをあなたにもお勧めしたいのですが、
その理由があるんですよ。

マラソンってたまに人生に例える人がいて、
私は人生を語れるほどの経験がないのでわかりませんが、
少なくとも、仕事や趣味などには役立つと思います。


一番いいところは、他人との競争を辞めれることにあります。


みんなで走るので、つい人よりもいい成績をと思うかも
しれませんが、長距離なので「自分」のペースじゃないと
どこかで体を壊します。


だから自分の能力とペースに集中するようになります。


仕事でも勉強でも自分の能力とペースを把握しないと、
ついて行けなくなったり、面白くなくなったりします。

さらには、そもそもどれだけいっても上には上がいるので
競争することがアホらしくなります。


次に、いずれゴールに辿りつけるということです。


苦しいのは苦しいのですが、自分のできる範囲で
歩を続ければ必ずゴールがやってきます。

苦しくても、前に進んでいればいずれゴールに到着できる
という経験は何をするときもきっと役に立つと思います。


ということで、体力に自信がない人でも年末くらいを
目標にすればある程度楽にフルを走れるようになると思います。

終わり

ps

私もこれでレースは3回目くらいで、
特に早いわけではないですが、
レースの進め方が少しわかってきた気がします。

ちなみに、時間を追い求めることもある程度は
できると思っていますが、如何せん走るだけの余暇
になってしまいそうで、今はやってません。

監査でもそうですが、なんでも経験、場数ですね。

ps

今年はあと、7月の富士登山競走で終わりです。
あと、大阪マラソンは応募すると思います。

ps

東京ビックサイトから国際展示場前までの
交通規制が長いこと長いこと。