仕事485日目   別表からの一時差異の求め方

こんばんは。


さくっと。


受験時代や補習所で一時差異は別表から
把握できると教わって来ました。


ただ、別表から把握できるっていうのは曖昧。
どこで見つければいいかまで具体的に説明しないと。


ということで、具体的に挙げます。

下記3つ。


1、別表5の利益積立金で増加減少したもの(税金関連除く)

別表4で留保としたものです。

2、納税充当金-未払法人税等

3、別表7(一)の欠損金


わかり辛い人は「すらすら税効果会計」P75~81を
読んでみてください。


私の中では税効果関連で最高の分かりやすさの本です。

こういう具体的な本って好きです。


終わり

ps

お金ってどのくらいあると丁度いいんだろうか。

何を持って丁度いいかということですが、
今の生活水準からいくと、
+5万/月で生活水準がかなり豊かになります。

まぁ、10万/月で5万増えるのと100万/月から5万増える
のじゃインパクトが違いますからね。

ps

祖母と昼間電話をした。

もう、言葉もほとんど話せない中「もしもし」「おおきに」
「ありがとう」と話してくれた。

事前に調べていた老衰の兆候も出ており、お医者さんも、
いつでも不思議ではなく、もってあと1ヶ月とのこと。

その時が来て欲しくないと思う自分がいる一方で、
苦しそうな状態から祖母が開放されるなら少しでも
早くそのときが来てくれたら・・・と思っている自分もいる。

手につかない。