仕事389日目   監査に統計の視点を

こんばんは。


以前、セミナーに行って学んだヒストグラム。


いつかこれを監査で使おうと思っていたがやっと使えた。


ヒストグラムなので、どのように区間をとるかは個人個人で
設定するんだけど、どのように事象がばらついているか直感的に分かる。


一番大きい値や、一番小さい値ではなく、どの区間にどれだけあるか。


ただ、この結果をどう監査に生かすかですね。

サンプルの母集団の切り分けに利用したり、
でこぼこしてたら、そこからなぜそのようなバラつきになるのか


正直あまり用途が思いつかないんだけど、しばらくはちょくちょく
使ってみて「○○の監査要点に使える!」ってのがわかったらまた書きます。

ちなみに、

やってみたい人はこちらを参照するといいです。
分かりやすいです。

http://www.geocities.jp/fym170/y6_histo/00histo.html

終わり

ps

寝る直前まで勉強すると緊張感が残って(β波)睡眠の質が低下しますね。

ps

白のワイシャツでもやはり、新品だと白色の深さが違います。

ps

本を1回だけ読んでも生活にほとんど影響を与えませんね。
1回だけ読むんならリフレッシュ。

本当に生活や習慣を変えたければ何十回もですね。