仕事372日目    官公庁への残高確認

こんばんは。

最近は真夏って感じの日がないですね。
海の日過ぎたのに・・・(´・ω・`)?

論文受験者にとっては今年は勉強しやすくていいですね。

さて、


残高確認を発送しても返って来ない先に、官公庁があります。

取引先のように、何らかの営業上の問題が生じるわけではないけど
通常送ってもほとんど返してくれない。

官公庁からすれば、

「俺らが不正すると思ってるのか、このやろー」

と考えているのかもしれません。

なので、

実務上、送ってもどうせ帰ってこないから発送をやめようという
ことも行われてきたと思います。

私もそのような判断をしたことがあります。

ただ、考え直すと逆にそういう発送もしないというのは
不正を実行する人からすれば渡りに船とはいいませんが、
不正のお膳立てをしてるような状況になるんじゃないかと思います。


「どうせ、官公庁は残高確認を発送しないから
ここに架空売上を突っ込んでしまえ!」


なんて考えるかもしれません。


仮に発送をしているならば、返事はないかもしれませんが、
先方も封筒をあけて残高確認書を見るので、
先方が予想している額を上回る金額の場合には
何らかのリアクションがあるかもしれません。


これ自体が抑止になるかと思います。


ということで、これからは返事が期待できなくても
発送します。


終わり

ps

今日は十分に睡眠をとって出社したんだけど、
やっぱり作業が単調すぎて眠い。

今やってることをもっと理解できたら面白いんだろうけど。

ps

さっきスーパーで購入物を袋にいれながら、ふと思ったんですが
将来において過去を振り返ったときに今が一番楽しかったと
思うんじゃないかと思います。