仕事334日目   資産負債法と繰延法について

今回は手短に。


受験学校で税効果を習うときに、こんな感じで習ったんだが、


資産負債法と繰延法があります

夫々の定義はこうです

夫々の長所と短所はこうです

現在は資産負債法が採用されています


これに、そもそも資産負債法と繰延法という2つの考え方が
できた背景をもうワンステップ入れてあげると学習者の
学びは深くなると思う。

まあ背景は基準に書いてあるのか分からないけど、
おそらく、資産負債アプローチと収益費用アプローチだろうから、

BSとPLどっちを純化するかって話なんだろうと思う。


なので、


会計にはBSとPLのどちらかを純化させるかという話があります

税効果の会計処理でもBSを純化させる方法として資産負債法、
PLを純化させる方法として繰延法があります

夫々の定義はこうです

夫々の長所と短所はこうです

現在は資産負債法が採用されています

んな感じだとよろしいと思います。

終わり


ps


都井清史先生の新作が出ています。

私は数年前の粉飾決算の見分け方をもっていますが、
合格者必読の本だと思います。

森を見る視点がつくと思います。