仕事298日目    証券代行への残高確認書

こんばんは。


久しぶりに走った。
やっぱ運動ができる生活スタイルにしないとね。


体が資本。


さて、


証券会社への残高確認書についてで、
一回書いたかもしれないけどもう一回。

昨年の頭くらいまで(入社してすぐ)くらいまでは、
白紙で送っても網羅的な回答をくれていたのですが、
今では保有銘柄を記載しないと数量を書いてくれません。

昨年からそのような証券会社もありました。

なので、この方法では実在性を確認できても網羅性の
観点から疑念が残ります。

ま、網羅性の観点に問題があるというのがネタの1つ目で
2つ目のネタとしては、

証券会社の証券代行部に発送したときに、数量の記載方法
についてですが、その証券代行で管理しているものだけを記載
してくるところと、その証券代行以外で管理しているものを含めて
記載してくるところがあります。

この、その証券代行以外で管理している数値を記載して
返されると、持ち株会からの確認書の数値と合算すると、
管理台帳の数値を超えます。


数値が合わないときは、それを疑えばいいのですが、
念のため証券会社に電話して確認するといいですね。


「この数値は、御社で管理しているものだけですか?
それとも他の会社で管理してる数値も含みますか?」

って。


あと、証券ごとに証券代行の会社が決まっていて、
ネットで検索するとでてきます。


終わり

ps

今年は震災復興もかねてお金を使う年にしたい。
もちろん使うといっても、可能な限り消費ではなく投資で。

ということで早速昨日も使った。

・服 9000円      →外観への投資
・プロテイン 6000円 →体内への投資
・教材   16000円 →頭への投資

無理やり投資に結び付けている感も否めないが、
いずれにしろ、今年はお金を使う。


------------------------------------------------------------------

最も有効な投資先とは、株でも外貨預金でもなく、
"自分"でなければいけないんです
------------------------------------------------------------------

投資戦略の発想法 木村剛