仕事238日目   監査のフレームワーク

こんにちは。

ここ数日、飲み会・仕事・年賀状つくりに追われて
記事の更新をストップしていました。

さて、

人ってほとんどの人がそうだと思いますが、
時間的に切迫している状態にあるとバランスよく
考えることができなくなってきます。

仕事も人間関係も答練も。

これを書いていくと東京会配賦のリスクアプローチ
の資料のチェックリストになるのかもしれませんが、


・資産の資産性
・負債の網羅性
・新基準の適用漏れ
・後発事象
・偶発事象

というようなものは常に頭の中に入れておいたほうが
いいですね。

そんなの忘れないでしょって思うのでも他の特に
重要なこと1つだけひたすら検討しているとすっかり忘れます。


何かあってもマイナーパスしづらいので、
あとあと自分もクライアントも忙しくなってしまいます。

あと、話変わって12月10月くらいにいった「倒産セミナー」
の内容を監査に使うことができました。


やはりプロに学んでそれを使うのが手っ取り早い。


我々がすることは何か新しいことを1から発見するのではなく、
ツールを習得して、経験を積むことだと考えています。


さて、もう一つ記事を書くか。

終わり

ps

久しぶりに缶コーヒー飲んだけど、口つけるところが
鋭いのであせって飲むと切れそうですね(*´ω`)