受注書偽造による不正  コニカミノルタビジネスソリューションズのケース

H21年8月19日 読売新聞にあったものです

どのような不正かというと、

「社員が、会社のPCを売って懐に入れた」

というものです。


手口は、

-----------------------------------------------------
架空の会社の名前を使って受注を装う

会社が出荷

社員がPCを受け取る

社員はPCを換金

社員の生活費に充てる
-------------------------------------------------------

単純ですね。

この後会社が架空の会社に代金を請求するので、社員は
支払うためにまた上記の手続きをして、今度は生活費でなく
会社に支払いに充てます。


あとは、その繰り返し。


結局不審に思った上司が発見して社員は首に。
被害は数億円です。


社員の動機は生活費とありますが、おそらくギャンブルか
夜の街につぎ込んだのではないでしょうか。


補修所の内部統制の授業では、

『受注した時に注文した会社が「得意先マスタ」にない
と受注できないようになっていることを確かめる』

とあったので、内部統制の不備ってことですね。


このケースでわれわれ監査人が学ぶべきことは、


物を販売する会社であれば、同じ手口で実行
しうるという可能性に注意することですね。


(もちろん内部統制監査で指摘するところでもありますが)


終わり

ps

論文式試験がとうとう始まりましたね。

ここ3年は毎年受験していたので、懐かしく感じるとともに
受験会場で朝早く行って勉強していたのを思い出します。

ps

明日くらいから走れそうな気がします。
8日も運動してません。。