会計実務8回目 ストックオプションに等に関する会計基準

久しぶりに会計実務DVD見ました。


(今回が8回目見ましたが、あと9~14まで見たら終わりです。)


内容は題名通り「ストックオプション等に関する会計基準」


あまり関係のない話ですが、今がH21年の3月11日。
私がこの会計基準を知ったのが1年半くらい前。

なので、どの専門学校のテキストにあるような設例を都合
8回くらい解いているんじゃないかと思います。


何が言いたいかというと、やればやるだけ簡単になるってことです。


複雑そうなことでも、繰り返しやってると、本当に抑えるべき
点は数点であることに気付きます。


さて、そんな精神論よりも1つストックオプションが使われる例を
説明しようと思います。


(というか、講師が話していた)


ベンチャー企業のA社は、東京にある新築のビルに入居したい

しかし、東京の一等地のビルの家賃は高い

ベンチャー企業にはお金がない

そこで、家賃を低額にするとともに、家主にベンチャー企業が
ストックオプションを付与する

という感じです。

話はさらに変わりますが、このストックオプションに関する
費用処理に関しては、計算問題を解いて分かるように見積もりが多い。

見積もり失効数、勤務対象期間の変更、SOの戻りいれ など

つまり、利益操作の手段になり得ます。

なので計算式はパッと頭に浮かぶくらいやり込んでおきましょう。


終わり


ps

今から「ハートレートモニター」使って走ってきます。