公認会計士試験に受かるレベルとは  

愛と昨日、ふと思ったのですが、会計士試験って各科目ごとに
60~90分で一回転できるようになったら受かる時だと思います。

レベルどうこうよりも、試験前に60分くらいで1回転できる
ようになってたら十分だということです。

企業法に関しても、論文とはいいますが小問4つで2時間
なので小問1つあたり30分。

10~15分くらいで急いで下書きしたら、あとは書くだけ。

論理を考えながらというより、今まで覚えてきた理論を
下書きに急いで書いて、若干問題ごとにアレンジするだけ。

結局、覚えているか覚えていないか。
しかも、答えをみると「なーんだこれか」というものがほとんど。

となると、試験直前の短期間でどれだけ記憶を使える
レベルまで復活させるかが合否の分かれ目になってきます。

(そういう意味で、短答通った人はレベルは皆同じというんだろう)

答練で上位をとっている人以外は、試験までやってきたことを
試験直前までにどれだけ思い出すかにかかってくると思う。


受験生が使用している教材と答練と模試はほとんど一緒ですし。


そのために今の時期は、各答練の答えを自分がいつみても
理解できるように加工しておくこと。

(クレアールの合格体験記に乗ってた人は、答練の問題をエクセル
でまとめていつも持ち歩いて見ていたそうです。)

ICレコーダに吹き込んでおくのもいいと思います。

(受験生は定額給付金でICレコーダーを買ったらいいかも)


おわり

ps

昨日に引き続き賃貸等不動産の~会計基準を読んだ。

途中まで「なるへそ、なるへそ」とさくさく理解できたが、
途中で理解できないことがでてきて止まってしまった。

解釈指針を読んでもわからない。

私もまだまだです。

そのうち会計基準と実務指針のほとんどが理解できるように
なったら、動画配信でもやってみたい。