なぜ私が会計士試験を受験したのか?  +定額給付金とか

私が会計士試験を受験したのは、大学に入って就職を有利にしようと
思い簿記をはじめたところに、「金持ち父さん」がはやって、


簿記やってるからそのまま会計士資格もとれば、
就職もできるし、お金持ちにもなりそう。
あと、難しいならとってみたい。


という単純なものだった。


今考えているような若干崇高なことを考えていたのでは
なくて、たったそれだけの理由です。


(おかげで、一度本気で試験受けるのやめそうになった。)


そんな理由でもなんとか合格ました。
興味があるならやるべし。


あと会計士の資格をとって、こんなところがいいな~と思うのは
人生の選択の余地が広がることです。

監査法人勤めていて、いやな上司やクライアントがいたら
やめて、違うところに就職すればいい。

違うところに住みたかったら、その住みたいところの
法人に入ればいい。


普通のサラリーマンなら「はい、やめます」
というのはなかなか難しいと思う。


別に嫌なことがあってもすぐやめる必要なんてなくて、
「いつでもやめることができる」という状態にあるだけで
ストレスって軽減されるもんだと思います。


積極的な理由もあるけど、実際この消極的な理由も
私にとってはかなり大きい。


人ってストレスを感じると「創造性」が失われますからね。
なにより、ストレスの状態でいると人生が楽しくない。


まーあなたの持っている目的や理由がどんなに「どうでもいいこと」でも
その理由を社会的な常識で潰す必要はないと思います。



たとえ、邪悪な目標でもないよりはある方が良い
(トママ・カーライル)


・・・と、近頃多い学生さん向けに会計士試験を進めておいて、

本題はここから、


定額給付金のはいった補正予算通りましたね。
色んな見方がありますが、無職の私には嬉しい。


何を買おうか早速妄想をしてみた。


・受験時代から同じメガネの買い替え
・服を買う
・本をアマゾンの中古で山ほど買う


あまり選択肢はない。


けして物欲がないわけではないが、受験時代と変わらず部屋で
勉強ばっかりやってるから、これぐらいしか思い浮かばない。


しかし、

昨日ネットで監査論を受講していた時、講師が次のように話していた。


「監査小六法」と「監査実務指針ハンドブック」に何が書いてあるか
ひけるようになるのが最低限!


俺  「どっちももっていねー」  (小六法は2月発売)


ということで、12000円は小六法とハンドブックに消えそうです。


受験生の時にもらってたら、定額給付金を何に使うか考える時間
がもったいないといって、使わずにいるような気がします。

(気がするだけです。)


終わり

ps

今日はめちゃくちゃ面白いことがあったのですが日記に書いたら、
伝わらないと思うので書きません。

1時間半ぐらい笑い続けてました。

ps

昨日ネットで国際財務報告基準(実務補習所の講義)を見てたのですが
日本の基準と違うところがまだだいぶありますね。


おかげで「そんなに違うのか?!」と驚き、画面に現れるパスワードを
見逃してしまい、2回見る羽目になりました。


コンバージェンスするなら、もう日本の会計基準で、国際財務報告基準
と違うやつは教えないようにすれば受験生らくになるのに。。


それから、昨年の8月以降も新たな会計基準が出ていますね。
「そんな基準できてたの?」というのがいくつかあった。

2010年まではこんな感じで数カ月おきに基準が出るそうです。

なので、試験委員は短答の問題作るの楽ですが、受験生は
短答対策の範囲が広がる一方です。