速聴  ICレコーダー勉強法  あなたの勉強効率を圧倒的に高める方法  ICD-SX78


いやー寝過ごすところでした。
昨日の日記で明日日記を書くと書いていましたが、素で寝てました。

ただ、胸騒ぎがして目を覚まし・・・「俺日記書くんだった!」

紅茶2杯飲んで、PCの前に座る。←今ここ


昨日も書いたとおり、合格者は精神論しか話さないですよ。
それから、合格者が使ってたからって合格者と同じ教材を取る
必要も特にないと思います。

それは、

合格者が『合格時の能力でこれがいい』といってるにすぎないから。
合格した人も常にどうすればいいかを考えていますから、基本的に
落ちた年度と同じ勉強法はしません。

ただ、それだけ。

計算ミスで昨年落ちてたとしても、もっと知識を増やそうと別の
専門学校の教材に変えているかもしれません。

そうしたら、昨年ミスして受かっていたら、その時の教材を言い、
今年受かったら、受かった時に使っていた教材をいう。


何度も言いますが


『その教材を使ったから合格したんではなくて、』

『受かっていた時に使っていただけ』


受験生が考えべきは、質問体制や講義内容から、理解できる教材を
選び、それを効率よく頭に定着させるだけです。


で、 ICレコーダー勉強法は効率的に定着させますよと提案してるわけです。

今日は企業法。


題材はTAC阿倍レジュメ。


テキストじゃなくてレジュメです。
08の上級講義で配布されたもので、全15回。

写真には13回分しかのせてません。
14.15回目は持分と企業再編など細かかったので。

TAC阿倍レジュメ


持ってない人に説明すると、両面こんな感じの作りで、
毎回この両面(A4?)が10枚~くらい配布されます。
字が小さいのでかなりのボリュームになります。
TAC阿倍レジュメ


私がとった方法は、まずこのレジュメを理解することです。
DVD通信でしたので、1~15まで通して3回は見ています。


LECの司法試験の講師が本に書いていましたが、
一発で司法試験に合格する人でも、1回授業を聞いても理解できるのは
30%だそうです。

実際初めて学ぶ時はそんなもんだと思います。

だから、何度も見るんです。

面白いですよ、1回目見て復習して理解できないところがあっても
2回目見ると「1回目にここちゃんと説明してるじゃん!」てのが
よくあります。

1回目ははじめての情報で一杯一杯なんですね。


このように、1回目で講義の30~40%しか理解できないと
わかっているから、1回目見た後の復習は自分が理解できたところだけ
やって、理解がしがたいところは、「チャックマーク」なりつけておきます。


で、


1ヶ月後くらいに2回点目(DVDをまた1~15回まで見る)ときに
その「チャックマーク」に気をつけてみる。

ああ、そうか。で納得。

(もちろん、専門学校に質問するのもいいですよ。)


2回目で相当理解できますが、私はだめ押しで3回は見ます。


それから、やる気がないときも見るようにしています。
やる気がなくても講義が始まれば勝手に勉強してしまいますからね。

ここで、あなたは思います。


「あなたの言うことは分かるけど、1講義3時間だし時間がね・・・」

ええ、私も同じです。

そもそも講義のスピードが遅いから通信を取っています。

「東芝のパワーDVDで2倍速」してみて下さい。
これ以上の速さはあまり必要ないと思います。


通常教室や、通学DVDなどでも1講義3時間。

しかし、倍速なら1講義1,5時間なので、2回見て通学生の
1回の講義を受講すると同じ時間量です。

こうやって、まず知識をインプットします。
次いで、理解した知識をどう効率的に保持するか?


ここでICレコーダーを使います。


簡単ですね、1つのレジュメにつき20分くらいでまとめ吹き込みます。
これを私の場合はレジュメ13回分で作りました。

この吹き込むのは結構疲れます。。

完成したら後は、3倍速になるべく再生スピードを上げながら、
自分がまとめて吹き込んだ音声を聞きながらレジュメを見ていきます。

それだけ。


論文式試験前は精神が乱れます。あせります。
普通に勉強できる状態じゃないんですよ。


でも、


ICレコーダーでまとめたのを聞いてレジュメを確認するくらいなら
できますよね。不安で集中できなくても。


私はこの方法で、13回分を3倍速で再生し、毎日90分くらい
計算科目で疲れた後などに、横になって聞いていました。

(実質14,15回分も大事なところは短くまとめていれてました)


どうですか?


90分で13回分の情報をあっという間に楽に、目を閉じても勉強できる。
90分足らずで、試験範囲をほぼ網羅でき、回転させられる。

私は1か月くらい前からこのICレコーダーに吹き込んだまとめを毎日
1回は聞いて、本試験では細かい条文まで上げることができました。

何度も言いますが、会計士試験を実際に受ける人は一部の天才を
除いて、毎日フルで勉強してきます。

そこで、母集団より少しでも力をつけたいなら、
当然に勉強を多くする必要がある。

しかし、すでに全員が毎日の時間をフルに勉強に充ててるなら
勉強効率を上げるしかないと思います。

楽に勉強しましょう。


この方法を使えば、時間がない大学生でもサラリーマンでも
合格の可能性が高まると思います。

終わり


ps

昨日は300人超の人が見に来てました。
日々増えています。

ps

英語の勉強してますが、大学受験以来やってないので中学1年
レベルからやり直しています。

文法ってこんなに面白かったんだなって感じています。。