全ての受験生が読むべき勉強本  最新脳科学が教える高校生の勉強法


この本は2年前くらいに購入したもので、私のモチベーションを
挙げてくれた一冊です。


私が特に気に入ったところは・・・・

1、移転効果

一つのことに通じると他のことを学ぶ時のスピードが上がる。


2、知識はY=X²で増えていく。

×2の方がわかりやすいですね。

勉強のし始めが1だとすると×2しても2です。
しかし、ある程度勉強した方は100だとすると×2で200です。

さらに、

2×2=4
200×2=400

と、学びのスピードが違うんです。
ですから、学び始めはあせらず勉強することが大事です。

そして、

いずれ勉強し続ければあとは、勉強をすればするほど、理解及び
知識量が簡単に増えていきます。

雪だるまを転がすようなものです。


3、手をつかえ

この本にはホムンクルスという、人間が脳に刺激を与えやすい部位を
大きく書かれた人が載っています。

この絵を見て、自分が勉強に使っていた体の部位を確認してください。


4、脳は疲れない

眠たくなるのは、目や体が疲れているから。
私もこれを読んで、数万円でバイオライトを買いました。

5、一つの教材最低3回。

復習して知識を身につけるなら、3回は時間をおいて
とけということ。

6、記憶の干渉

自分の中にその科目のコアな知識がないままに、他校の
教材に手を出すと、苦しむということです。

まずは、1つの教材に絞ってやれってことです。


7、モーツァルトを聞くと一時的にIQが上がるらしい。

さっき読んで気づいた。
試験前に聞けるようにしておいたほうがよかったかも。。


最新脳科学が教える高校生の勉強法


ps

さっきLECに合格したので受講料返還請求したら、
手元の教材は返してもらいますといわれました。

渡辺講師のテキストはもっていたい。

また申し込むか。。