増加償却はでない!


増加償却は3次試験以降出ていないからでない!
という榎本講師の声がフラッシュバックしたので書いてみました。

授業を受けて思ったのは、榎本講師は結構切ります。

ただ、ここはいらないと言いつつも、一応説明してしまうので
切っていいならテキストも載せず説明せずに、出る所を過去問
から例題挙げてアツくやって欲しいですね。


・・・さて、


昨日から今日にかけては、簿記、管理、租税の復習です。
それぞれ1,5時間ぐらいずつテキストを回転させてます。

9月の初期にたてた、一日一阿倍レジュメはいつの間にか
消え去り、経営学、財表、監査は手をつけてません。


ただ、少しだけ余裕が出てきたので、今後財表は毎日やる予定です。


●管理はテキストの問題全部つぶしていっていますが(2回目までを)
かなりありますね。部門だけでも15問あります。

今ぐらい時間に余裕がないとしないですね。。

管理もバテずに続くなら、いったん例題全部解いて、
もう一回通してDVDで授業を受ける予定です。


●簿記はテキストの例題レベルだと解けるので、相変わらず、
取引の実態を考えてなぜこの仕訳になったかを考えています。

そのような観点で解説を読んでいると、

テキストは仕分けをどう解くかということだけで、
理論的になぜそのように仕分けがなるかを説明しているのは
少ないことに気付きます。


これはもう一度本屋さんに行って、理論的な説明がある
参考書を探そうと思います。


●租税は、2個前の日記にも載せたように何度も回転させて
重要なところやフレーズをそのまま覚えるようにしています。

租税法は条文がもとにあって、趣旨まで書いてあるので
簿記よりやってて楽しいですね。

租税万歳。

ps
日記を書いてて思ったのですが、自分が思っているほど勉強
してないですね。

そういえば、昨日はまき爪治すためにネットサーフィンをかなり
やってました。。