売上債権回転の見方


アクセス32管理会計をやっていてちょっとわかった
ような気になったのが、売上債権回転期間。

売上債権を一月あたりの売上げで割って、
何ヶ月という単位で数値を求めます。

で、思ったんです。

何ヶ月でどうつかうんだろう、
1月の0,3ヶ月といわれてもぱっとこない。

考えました。

で至ったのが、これは、金額を求めるための値なんだと。

一ヶ月の売上げに、0,3かけたら期末に残る債権が
わかります。

そう、回転期間は1ヶ月あたりの売上げに掛けて、
必要な資金を求めるときに使うんだと思います。

現実には買掛金も加わってきて、ある公式から
必要な資金を回転期間で足し引きして、


求まった回転期間を1月あたりの売上げに
掛けてもとめたそれが、必要資金。

じゃあこの必要資金を借り入れでもしますか?
という話。

だと思います。
また新たな理解に至ったら、書きますので。