監査論のテキスト通読


先ほど、4月から読み始めた監査論の通読終了。
表現が硬く、読み込むのに結構負担がかかります。


夕御飯にカレーを2杯食べたのも重なって、
お腹が痛くなりました。

で、休憩がてらPCを触っています。


で、監査論をやっていて改めて思ったのは


監査リスクにしろ、その構成要素の発見リスクにしろ
0%にはできません。

授業ではそのことを、人間間違いを完全に回避できないと
いいますが、

私はふと思ったことは、会計士試験もリスクを0%
にはできないなと思い再納得しました。


仮に経営学だけでも完璧にしようと思っても、
まず予備校でさえ学ぶ範囲を狭めています。


そんな状況で1つも間違わない=リスク0%は土台無理。

さらに、予備校から与えられたもの全てを学び、いつでも
アウトプットできる状態にするのも、非効率的はいうまでもなく
普通は無理です。


そう考えると、監査リスクも発見リスクも人間が
やるんだから、リスクあるよな。


人間だもの by相田みつお

と感心してました。


5分くらいこの日記かいてるけど、まだおなか痛いね。

youtubeで音楽でも楽しんできます!