試験委員がいうには特商は出ない(出したくない)らしい


租税法のマイノートに30分かけてカスタマイズ
してさらに楽に復習できるようにしました。

それから、財務諸表の工事進行基準とか、資産概念とか
けっこう伝統的なところをまったりやっています。


工事進行基準も、未収収益の計上も、実現主義の適用でも
なければ、経済的実態を財務諸表に反映させるためでは
ありません。


それから、監査論。
継続企業や平成3年の大幅改定の背景を
洗いました。

これもスローですね。


簿記は、アクセルの応用答練の特商やりました。
特商は好きなのですが、

昨年、監査法人をまわるときに話した人に聞くと、

自分の大学に簿記の試験委員がいて、

「特商とかだしたくない、これからは出さない」

というようなことをいっていて、自分は特商
やらなかったっす。

といっていました。

まぁうわさかもしれないので、最低限というか
アクセルの結構複雑なので十分かと思いますが、やりました。


ここらで、一発こてこての特商出て欲しいすね。

企業法もゆっくりですが、いい感じで復習できてます。


経営は大原の答練やり終えました。
復習しながら、復習しやすく加工します。


ではでは