阿部講師の企業法


今日3回目を聞き終えました。

ここ数日毎日書いていますが、今までまったく頭を使っていませんでした。

いや、多少は使っていたと思います。

講義中に、知識量を多くして短答に通っても論文は別。
知識を知っているのと使えるのでは別。

「論文では力がはっきりあらわれ、まぐれはない」と

たしかに、新しい知識を○×で覚えていくのは楽ですからね。

試験委員は、条文が変わっても、条文や趣旨から結論を
導く論理的能力があるかを判断しているそうで、
知識をたんにひけらかしても点数はつかないとのこと。

いままでの学習方針とまったく違った・・・
とにかく暗記して吐き出せばと思っていた・・・

さらに、論証は覚えていて当たりまえ、そこから勝負が始まるといいます。


と同時に、いつまでたっても7割の人は問題に対する答えになってない。

ともいいます。

それほどレベルが高くないから、まーいいかと思いつつ、
ここでコツを覚えれば差が大きくつくということです。

論文をなんとかせなー!