財務分析の基礎


新たに公認会計士試験の試験範囲となった財務分析。

専門学校の授業を受けて見るのですが、特に資金繰りのところになると眠たくなるzzz


実務では資金繰りができれば、ウリになると講師は言っていますが、ほんとにわかりづらい。


多分、経理をやってきた人でもない学生や学生上がりの受験生は、仮に問題として出題されても埋没になってしまうと思います。


だから、でても埋没、でても1〜2問。

受験戦略上重要ではないと思います。
もちろん、複数回受験ともなれば理解はできるでしょうけど。

少しはなしがそれましたが、財務分析の基礎を書きます。
もちろん、しきんぐりはあまり理解できないのでまた別の機会に・・・


・収益性  効率的に利益を上げているか
ROA、ROE
・安全性  財務体質が強いか、資金は豊富か
自己資本比率、流動比率

・成長性  どれだけ昨年より伸びたか (売上など)
増収

BSの注意点簿外資産と簿外負債
売掛金があっても不良債権ではないか
棚卸資産があっても不良在庫ではないか
有価証券に含み損があるのに適切に評価されていない

デリバティブ取引で負債があるのに未計上  など


ROA=経常利益÷総資産
   =売上高経常利益率(収益性)×総資産回転率(効率性)

ROA×財務レバレッジ=ROE

財務レバレッジ=総資産÷株主資本