簿記の勉強法 学習法 

簿記の勉強法には2つあります。

「習うより慣れろ!」 つまり何度も問題といて覚えてしまえ
「慣れるより習え」  つまり理解重視です

「どちらか?」というより、むしろステップです。

まず授業で【習い】ます、次に【慣れる】ように反復練習、そして疑問に思ったところを【習う】。

第一ステップの【習い】については、授業を受けさえすればいいので案外楽ですが、第二ステップの【慣れる】段階は少し苦痛をともないます。

というもの、慣れるには時間がかかるため、焦るからです。

私も授業は聞いていましたが、まったくの練習不足から簿記の点数が伸びずにいました。

一回目に短答に失敗した後にやっと計算力不足に気付き、ひたすら何度も同じ問題を
やり続けた結果、半年位で答練で平均点以上をとれるようになり自信になりました。


この反復というところを経ずして、簿記が身につくことはないでしょう。


とにかく簿記は授業を聞いた後はとにかく解く!そして時間をあけてまた解く!

そして、問題を見た瞬間に【無意識】で仕訳が出るレベルまでもっていく。

これが簿記の王道です。

簿記の問題も野球と同じ素振りです。
スポーツと思って練習しましょう。(←ドラゴン桜にも書いてあった!)