経営学用語 辞典 

公認会計士試験の経営学を学ぶ中で「それはなんだ?」という用語が
でてきます。

講義のなかでもそれが和訳されることなく使われるので、分からない
人は、そこで理解がストップしてしまう。

私も同じで、たった一言のためにインターネットで数時間検索したことがあります。

なので少しずつでもそのような言葉を解説して、後世に残します。


1、インテグラル型= すり合わせて作るもの
2、モジュール型=  組み立てて作るもの
3、凝集性 =集団にいたいと思うこと、まぁみんなと一緒がいいということです。  

4、権限受容説 =権限は部下から受け入れられて、力を発揮する
これは、どんなに組織で上にいても、部下からそっぽを向かれたら、命令も
できないということです。

5、権限法定説 =権限は会社から与えられて、力を発揮する
これは官僚制組織のように、会社からお墨付きをもらって、命令ができる
という考え方です。よび方は他にも権限上位説など複数あるもよう。


経営学では、意味が同じでも少しずつ言葉が違います。
これは単に、教授が自分をアピールしたいだけなので、受験生は覚えやすい
言葉をその意味と覚えて、「ああこれはあれと同じだな」とわかれば十分です。


・パワー=人に何かをさせたり、させないようにすること

・コンフリクト=2〜3以上の人、組織の間の対立関係・敵対関係

・市場を通じてのチェック=投資家が企業を判断した結果、市場である株式市場に表れる。

・政府の役割= 企業家(NTT,JR)、提供者(警察)、規制者(様々な規制)

・キャプティブ理論=政府が規制によって特定業界の利益を守ること。

・コンテスタビリティー理論=潜在的な新規参入者がいる場合、独占状態でも規制なしに
最適な資源配分が達成される。

つまり、「寡占状態でも不当な値段付けはされない」ということです。

・企業戦略 =どの事業を行うか
・事業戦略=事業をどう成功させるか
・機能別戦略=機能をどう構築するか、つまりR&Dや総務をどのように扱うかということです。