一括償却資産

一括償却資産とは1つの単位の資産が20万未満であれば、まとめて
簡便に減価償却が出来る資産です。


例えば、15万円のPCを10台購入したとすると、一つの単位の単価
が15万なので20万未満になるので、一括償却資産です。

一括償却資産は、その年度の全ての一括償却資産をまとめて12/36
した金額が損金算入限度額になるので、ここではPC10台なので

1、500、000円×10台×12÷36=500,000

500、000を超えて減価償却している分は損金負算入として
別表四で加算処理されます。

・計算のポイントは12÷36を1÷3としないことで、条文を覚えている
ということを試験委員にアピールすること
・簡便な償却計算であるので必ず毎年12÷36をするので翌年に
おいては、一括償却資産償却超過額認容という摘要で別表四で
減算処理します。

簡便であるが故、除売却をして対象となる資産がなくても取得した期を
含めて3年間、12÷36で調整をしていきます。

・ちなみに期中に取得しても12÷36で、一括償却資産には
月割りはありません。


■まとめ 暗記ワードをプレゼントします。

一括償却資産が20万未満とわかればいいので・・・

暗記ワード「簿記を解いて、20歳未満に勝つ!」

・解説
20歳未満→20万未満
勝つ!  →一括の括にかける

■裏暗記ワード
恐喝して、20歳未満と○する

恐喝の喝  →一括の括とかける