少額減価償却資産

少額減価償却資産とは10万円未満の減価償却資産のことをいい、
少額減価償却資産であれば取得した時に全額損金経理ができます。

詳しくいうなら、10万円未満と使用可能期間が一年未満のことです。

これは会社においてわざわざそんな安いものの減価償却を管理するのが
めんどくさくて、実務上多くの会社が取得した期に全額費用処理している
のでそれを10万円未満に限って税法が認めたんじゃないでしょうか。


また、中小企業であれば30万未満まで少額減価償却資産に含まれます。
中小企業とは資本金が1億円以内の会社です。

■少額減価償却資産のまとめ
大企業は、10万未満
中小企業、30万未満
  +
どちらも使用可能期間が一年未満